北方水滸伝七 烈火の章 宋江の言葉

「王定六、私はこんなふうに抜けている。
おまえたちの助けがなければ、童同然なのだよ。
宜しく頼む」

一番トップの宋江の言葉

心に刺さる言葉ですね。
上だからとか、
忙しいからじゃなくて
助けてもらっているという事を
忘れないようにしよう♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください