手帳に書く、人生の目標100の書き方について

私は、手帳に人生の目標100を書き込んでいるのですが、毎日眺めていて気が付いた事があります。
せっかく100個書いても、書き方を間違ってしまうと達成しづらい目標になってしまう可能性があるとおもうのでシェアしてみたいと思います。
 
私の人生の目標の中に、こんな項目があります。

・話しを最後まで聞いてから話すようになる。
・自分の話しを20%ぐらいに抑える
・段取り力をアップさせる。
・手帳をフル活用する。
・心・精神 人の会話をジャッチしないようになる。
・無駄なアドバイスをしないようにする。
・まず自分でやることを考える。
・自分でやらなくていいことは人に任せる。

あまり欲がないほうなので無理やり書いた感はあるのですが、読んでみてどうでしょうか?
目標じゃなくてマインドセットのような気がしますよね。
 
目標リストを毎日眺めていると達成したと実感できな目標があると、ちょっと違和感を覚えてしまいます。
達成する夢・目標とマインドセットは、きっちり分けて書くことをお勧めします。
行動として段階的に数値化できる目標に、書き換える方が毎日、眺めるときストレスが少なくなります。

例えば
・話しを最後まで聞いてから話すようになる。であれは、会話術の本を5冊読む。とか・・・

この投稿が、みなさんのお役に立てれば嬉しいです。

ではでは\(^o^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください