テニスボールで腰痛、股関節の痛みが消えた(‘◇’)ゞ

幼稚園の時、交通事故で大腿骨と脛骨・腓骨を骨折、
くっついた場所が成長してしまうので右足の方が1~2㎝程長い。
45歳を過ぎてから体のバランスが悪いせいか
いろんな所に痛みがでてきました(T_T)


幼稚園の時、右足をギブス固定している写真(‘◇’)ゞ

そのせいか右の股関節に違和感が出てきました。
生活自体に支障はないのですが、
座ったり・立ったりするときにちょっとだけ
痛みを感じるように、

右足の方が長いから、股関節に無理をさせてしまったのか、
この痛みとは一生付き合わなくてはならないのかな~と、
湿布を貼ってごまかしていました。

その痛みが、なんとテニスボール1つで
消えてしまいました(‘◇’)ゞ

お尻の筋肉

 
足を延ばして座り、お尻の痛みのあるところにテニスボールを挟みこんで、体重を少しずつ乗せていく。
痛みのあるところだけでなく、お尻全体まんべんなくお尻の筋肉に刺激を与えていきました。

右側は冷や汗がでるくらい痛いのに、左側は気持ちいがいい感じ(‘◇’)ゞ

太ももの外側の筋肉

ちょっとやりずらいのですが、体を右側に倒して、太ももの外側の筋肉をマッサージ
左右どちらも、冷や汗が出るくらい痛い(T_T)

ひざの裏

右足の方が長いの、どうしてもおO脚気味になってしまいます。
右足のひざ裏の外側のも違和感を感じるので、そこにテニスボールを当て膝を曲げていき筋肉に刺激を与えていきます。

私の友人はテニスボールを挟んでも膝を簡単に曲げることができるので、筋肉の柔らかさが全然違うんですね(‘◇’)ゞ

アキレス腱

ふくらはぎの筋肉のマッサージは良く行っていたのですが、アキレス腱のマッサージはやっていませんでした。
触ってみると硬いのが解る(‘◇’)ゞ 体があったまったら指でジックリもみほぐしてみました。

時間にして30分、じっくりマッサージしてみると・・・・
股関節の痛みが消えてる(‘◇’)ゞ

まとめ

痛みがあると、そこだけ重点的にマッサージを行ってしまいがちですが、体は全部、繋がっているんですね(^^♪

ちょうど父親が、夜足が攣るということなので、アキレス腱を触ってみるとカッチカチ、じっくりマッサージをして足の裏のマッサージを行った所、2日ぐらい症状がでていないとの事、

太もも、お尻もマッサージしないと・・・と言うと、『そこは痛くねえんだよ・・・!』と、年配者に伝えるのって難しいですね(‘◇’)ゞ

テニスボールは点で刺激していきます。
大きな筋肉を刺激するにはフォームローラがお勧めです(^^♪

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
   ポチっとOneクリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください