原爆の恐ろしさを改めて知りました。

もし本当なら恐ろしい事実なのでメモしました。
広島の原爆は実は失敗だった。

広島の原爆で使われたウラン64kg
実際に爆発したウラン0.7g

64 /0.7=91.4
被害距離3.5kmとすると。91.4×3.5=320km

もし全部爆発していたら被害距離330kmの範囲まで、
中心部の被害もさらに酷いことになっていたかもしれない。

こんな恐ろしいもの何故開発したがるんだろう。

E=mc2のからくり エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか 山田克哉著より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください