集中力をアップさせるテストステロンを効果的に摂取する方法

先日読んだ書籍の中で、『テストステロンで集中力を高める。』というワードがありました。

そこで、テストステロンとは何か?
テストステロンを効果的に摂取する方法をまとめてみました。

テストステロンとは何か?

テストステロンはアンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。
哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。
テストステロンは骨や筋肉をつくり、体脂肪を減らして男らしい肉体をつくる働きがあるといわれています。

最近の研究では、性格や社会性にも大きな影響を与えていることが分かってきた。
「常に前へ前へと進んでいく大ヒットTVゲーム『スーパーマリオ』や、集団を作って敵に対抗する黒澤明監督の映画『七人の侍』。
彼らの男らしい行動にもテストステロンが関係しています」と堀江さんは指摘する。
※日経グッデイ 堀江氏より

テストステロンを知れば知るほど、男性には必要なアミノ酸ということが解ります。
精神的に落ち込んだとき、モチベーションが上がらない時、テストステロンが減少していることが火を見るよりも明らかです。
しっかり勉強をして摂取していきたいと思います。

テストステロンを効果的に摂取する方法?

■たんぱく質(必須アミノ酸)
 卵
 牛肉、豚肉、鶏肉
 マグロやカツオなど赤身の魚
 牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品

■セレン(テストステロンの分泌を増やすのに効果的)
 ニンニク・玉ねぎ・長ネギ
 カツオ・イワシ・カレイ・牡蠣・ホタテなどの貝
 卵
 牛・豚・鶏の内臓類

■硫化アリル(テストステロンの分泌を増やすのに効果的)
 ニンニク・玉ねぎ・長ネギ・ニラ
 エシャロット
 アサツキ
 ラッキョウ

■玉ねぎの効果
 テストステロンの分泌が増える
 血液サラサラ効果・血圧安定効果
 整腸作用・健胃作用
 疲労回復
 殺菌作用

※抜粋 https://出会い系アプリの教科書.com/テストステロンの分泌を増やす効果的な食事/

視力にも関係があるらしいとも言われています。

解りやすくまとめて下さっているかたがいて、本当に助かります(-_-;)

玉ねぎが一番、お手軽で効果がありそうですね。
料理法として、長く炒めてしまうとストステロンが無くなってしまうとの事なので、酢漬けの玉ねぎを挑戦してみたいと思います。

テストステロンと筋トレの関係とは?

テストステロンを最短に分泌されるには筋トレ。
息がすぐ切れてしまうほど厳しい筋トレメニューが必要不可欠。
全力で筋トレを行うことが、テストステロンを分泌させる手助けをしてくれます。
テストステロンが分泌させることで、男らしい行動に変化するという事は、男としてはいろんなことにプラスですね。

また、非ヌキも大切
7日以上が意味がないとの事ですが、サルのようにやり過ぎるとダメみたいですね。

こんな記事もあました。

人間には「テストステロン」というホルモンがあり男性女性両方に分泌されています。
この物質は、男性の場合、女性の4倍から110倍ほども生産されているので「男性ホルモン」という位置付けになっています。
この物質に「ヌカなければならない」理由が隠されています。

そして90分に1回分泌されている
男性ホルモンとしての「テストステロン」は、およそ90分に1回分泌されています。
分泌による湧き上がる性衝動(リビドー)を抑えているのは「精神力」だというのです。

未成年や若年層が、性衝動を抑えられない理由は「精神力や常識力が未熟だから」、という理屈で説明できます。

まとめ

極端にまとめると、筋トレと玉ねぎ!
まずは、今年1年、いろいろと試していきたいと思います(-_-;)

この記事が読者のみなさんのお役にたてれば嬉しいです。
ではでは(-_-;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください