指原莉乃氏から学ぶ、本当の女子力

女性が良く言う。
女子力アップ・女子力磨き など言っているので何が女子力なのかちょっと調べてみました。

1.いつもいい匂いがする
2.料理は、見栄えも味も両方グッド!
3.いつでも自然な笑顔を見せている
4.メイクが崩れた顔を人に見せない
5.ファッションに合わせてメイクを変える
6.誰に対してもいつでも言葉遣いがきれい
7.冬場でもムダ毛の処理を怠らない
8.ハンカチやティッシュをいつも持っている

女子力が高い人に共通する8つの特徴と行動
https://tabi-labo.com/213909/girlpower

なるほどと思いましたが先日の指原氏のやりとりと見て、これが本当の女子力なんじゃないのかなと感心してしまいました。

普通の女性タレントが下ネタを言われると

・やだ~~、もう
・真っ赤な顔をして何も言わない。

一歩進むと、セクハラで訴えるとか騒ぎ立てる。

言った人間が、社会的に罰則を受け
本人も仕事場で肩身が狭くなり、仕事を辞める。

全員が不幸になっているような気がします。

『ワイドナショー』での指原莉乃氏の対応、これこそ女子力

抜粋
NGT騒動について、「私が(運営トップに)立っても何もできない」と語る指原に、松本は「お得意の体を使ってなんかするとかさ」と発言。
これには、「良識を疑う」「シャレにならない」「全然、面白くない。どうかしている」と批判が殺到。
2人の関係性を汲みしたやり取りながらも、一般視聴者のみならず、脳科学者の茂木健一郎や元TBSアナウンサーでエッセイストの小島慶子ら識者からも非難の声が上がった。

だが、この“炎上”にストップをかけたのもまた、指原である。
松本への批判が止まらないなか、指原は15日にTwitterを更新。
『ワイドナショー』出演時は緊張し記憶がないことに触れ、「改めて録画をチェック……松本さんが干されますように!!!」と、セクハラ発言を絶妙に“ネタ”に昇華して見せた。この対応には前述の茂木も、「ほんとうに偉い!」と称賛。
渦中の松本自身、「指原様~」と炎上を沈めた指原に対し感謝のツイートを送っていた。

彼女がテレビに出演している理由が解りました。

ただセクハラを肯定しているのではなく、男性はバカなので気に入った女性がいると気を許してセクハラ的発言をしていまいます。
決して女性を困らしたいわけではなく気を許しているだけ(‘◇’)ゞ

肉体関係まで迫ってくる大バカは社会的制裁を加えても仕方がないと思います。

セクハラ・パワハラと訴えるよりも、

どう切り返すか、
困ったとき真剣に相談に乗ってくれる仲間を見つけるか
仕事に困らないスキルを持つ

ことの方が、より自分の身を護ることができると思います。
自分の身を護るには、他人を変えるより自分のスキルを高めるしかないですね(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください