コールドムーン綺麗でしたね。

コールドムーン綺麗でしたね。

恥ずかしながら12月の満月がコールドムーンというのは初めてしりました。
スーパームーンとかブルームーンと同じ、何か特別な理由があると思っていたのですが、1月~12月まで満月の名称があるなんて驚きです。

満月の呼び名

1月:ウルフムーン:Wolf Moon/Old Moon(狼が空腹で遠吠えをする頃)
2月:スノームーン:Snow Moon/Hunger Moon(狩猟が困難になる頃)
3月:ワームムーン:Worm Moon/Sap Moon(土から虫が顔を出す頃/メープル樹液が出る頃)
4月:ピンクムーン:Pink Moon(フロックス/Phlox というピンクの花が咲く頃)
5月:フラワームーン:Flower Moon(花が咲く頃)
6月:ストロベリームーン:Strawberry Moon(イチゴが熟す頃)
7月:バクムーン:Buck Moon(雄ジカの新しい枝角が出てくる頃)
8月:スータージャンムーン:Sturgeon Moon(チョウザメが成熟し、漁を始める頃)
9月:ハーベストムーン:Harvest Moon(収穫の頃)/Corn Moon(とうもろこしを採取する頃)
10月:ハンターズムーン:Hunter’s Moon(狩猟を始める頃)
11月:ビーバームーン:Beaver Moon(毛皮にするビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける頃)
12月:コールドムーン: Cold Moon(冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃)

農業や漁業、狩猟の目安として満月に名前を付けていたんですね♪

合わせて

スーパームーン

スーパームーンとは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えること満月。
月までの平均距離は384400km、最も遠くなる遠地点で405500km離れています。
スーパームーンの時の距離は357000km、ちょっとだけ近づいた距離になります。
距離が平均より約7%近く、見かけの月の大きさも平均より直径で約7%、面積なら約15%大きいことになります。

ブルームーン

ひと月に満月が2回含まれることをブルームーン(Blue Moon)と言います。

ブラックムーン

ブラックムーンはブルームーンの対義語で、ひと月に2度ある新月のこと意味します。

まとめ

満月、本当に綺麗ですね。
今までは移動中にみかけた満月を写真に撮っていましたが、地元で満月が綺麗に撮れる撮影スポットを探してみたいと思います。

【ブログランキングUPへのご協力お願いします】
   ポチっとOneクリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください