2019年3月21日の満月

3月の満月は良い写真が撮れました。

残念ながら夜には撮影できる、まだ明るい時間帯の月でした。

昼間の月の名称を調べてみました。
「日の出から日の入りまでの間」を「昼」というならば、
「有明の月(ありあけのつき)」という言葉があります。
ただ夜が明けてしばらくの間(朝)の月で、西に見えます。

夕方、日の入り前のまだ明るい時に東に見えることもありますね。
「昼の月」とか「白夜月(はくや・びゃくやづき)」という語で詠まれることもあります。

という事は、2枚とも「白夜月(はくや・びゃくやづき)」になりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください