人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている  ふろむだ著(23/100)

日本人は権威に弱いと言う事をを科学的に表したした書籍でした。

例えばビートたけしが言ってる事、松本人志が言っていることは本当に面白いのか?
年齢的かもしれませんが、最近本当に面白いのかな~なんて思っています。
過去の成功が、この人たちの言っていることは『きっと面白い』と勘違いしている部分ってきっとあると思います。

人は勘違いで、その人の実力を嵩上げしてしまう。ということを気づかされてくれた書籍でした。

私がこの書籍に求めたことは、自分が相手を勘違いさせるにはどうすれば良いかという点ですが、
この部分に関しては詳しいことが載ってなかったので残念です(-_-;)

最後に、ある実験

この仕事は面白いと伝えて欲しいという条件のもと

・つまらない仕事 20ドルの報酬
・つまらない仕事 10ドルの報酬

この2つの仕事を比較した結果がとても笑えました。
答は是非、書籍を見ていただけたらと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください