鷲(ワシ)鷹(タカ)鳶(トビ) 隼(ハヤブサ) の違いは・・・

鷲(ワシ)鷹(タカ) 鳶(トビ) 隼(ハヤブサ) の違いは・・・
正直、違いが分からないのでまとめてみました(-_-;)

●鷲(ワシ)鷹(タカ) 鳶(トビ・トンビ) は全てタカ目タカ科の鳥

鷲(ワシ)

●タカ科の中で比較的大きく、尾は短く、足が太い種類を「ワシ」。
ワシの全長は80~100cmぐらい

鷹(タカ)

●比較的小さく、足と尾が長く、翼が丸い種類を「タカ」と呼んでいる。
タカの全長は50~60cmぐらい
タカやワシは多く生きた動物を捕食する。

鳶(トビ)

●トビの大きさはタカぐらい、
大きな特徴は羽ばたかずに輪を描くように飛ぶことである。

尻尾の中央が凹んでいるのが特徴
トビは小動物や魚の死骸などを食べ、
市街地に棲んでゴミも漁るため、「町の掃除屋」といった異名もある。

隼(ハヤブサ)

◆ハヤブサ
ハヤブサは、ハヤブサ科ハヤブサ属しています。
近年のDNA鑑定で、ハヤブサはインコの仲間であることが判明しました。

大きさの順は鷲(ワシ)>鳶(トビ)>鷹(タカ)>隼(ハヤブサ)といわれています。

こうやって比較すると
町中でみるのはトビが一般的かもしれないですね(^^♪

気にすることで空を眺める楽しみが一つ増えました\(^o^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加