驚くことが少なくなると老化が始まる。

スポンサーリンク

武田鉄也の今朝の三枚おろしで
どきっとしたことを話していました。

驚くことが少なくなると老化が始まる。

いつ(When)
どこで(Where)
だれが(Who)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

情報を伝達するときも
情報をインプットするときも
必要な要素ですよね。

しかし、

オジサン・お爺さんになると
新しい情報に対して

自分の今までの経験と比較し
悟っているかのような態度をとってしまう。

Eスポーツ・仮想通貨など
知りもしないで、未来はないね
ダメダメと、悟ったような口調の
オジサンは良く見ますね(^_^;)
私もそうでした・・・

いつ(When)
どこで(Where)
だれが(Who)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

の前に

Wonder(驚き)がないと
何にも興味が湧かない状態になってしまいます。

驚くことも無い
興味があるものが無い
これが一番の老化の始まりなんですね。

知ったかぶる
悟ったような
落ち着いた大人をイメージしていたのですが

やっぱりWonder(驚き)は重要ですね♪

何気ない1日の中の変化
新しい知識のインプット

死ぬまで現役目指して努力していきたいと思います

武田鉄也の今朝の三枚おろしは本当に勉強になりますね
(^_^;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です