質問に一生懸命答えてあげたのに、その捨て台詞は・・・

スポンサーリンク

質問に一生懸命答えてあげたのに、その捨て台詞は・・・

住んでいない建物と土地

そのままの状態で購入したい人を探すか
解体して更地にして購入したい人を探すか
どちらがお客様にとって負担が少ないですか?
と質問された

この質問には、
そのままの状態で購入したい人を探したほうが
負担は少ないと思うよと答えた。

そのあと、

会員のメンバーに情報として提供できないかと
質問があった、

うちの会社は
宅建業を営んでいなので、販売・斡旋・仲介はできない。

バナー広告を期間限定で・・・
冊子にあいのり広告で・・・

まず自社で広告を出すことができない。
宅建業者の協力を得なければならない
すぐ、お客様が見つかると思ってい

難しい・・・という回答を言うと

『できないという回答しか返ってこないから、
 いいです・・・』

へっ???

聞いといて、その捨て台詞はなに?
じゃ、なんて答えればよかった?

自社で名簿をもっていれば、
情報として提供はできるが、

宅建業もやっていない
名簿も自社でもっていない
人脈もない
ないないづくしで何もできない

1カ月ぐらい経ったら
あの物件、どうだった?って聞いてみようかな(-_-;)

新築
リフォーム
中古物件のリフォーム・販売

ができると最強なんですけどね(‘◇’)ゞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.