考え方を変えないと同じ苦しみが待っている。

初めて心療内科で診察を受けてきました。

心療内科は初めて。
呼吸がおかしくなったとき
パニックになったときに飲む薬を処方して
もらえればと、簡単な気持ちで行ってきました。

話しを聞いてもらっても
問題は解決しないし・・・
薬さえもらえればと軽く考えていました。

診察を受けて目からウロコ
行って本当によかったと思う。

私の思考パターンは
バースディサイエンスで見ると888という性格で
1を聞いて10を知る
頭の回転が速い方らしい。

仕事でも、まず実践してから
分からないことを聞くようにしています。

今回はこの考え方がマイナスに
働いてしまっているらしい

今、考えてもしょうがないこと

あーーどうしよう、
あれもやって、これもやって、
あの問題、この問題、あーーーと
パニックを起こしてしまう。
考えすぎで自分を混乱させてしまう。

そして、問題が解決しても
この考え方が変わらないと

何か問題が起きたとき
またパニックに陥ってしまうということ。

そして、いちどパニック障害がでてしまうと
癖になってしまう、頻繁にパニックになってしまう。

症状が出ないときは平常ではなく
その時点で、精神病の入り口に片足を突っ込んでいる
ということも気がついた。

第三者からみれば病気に見えるが
私自身はそう思っていなかった・・・

心療内科に行ってみて
私自身の性格が自分を追いつめてしまっていることも
気づけたので、本当に行って良かった(-_-;)

あとは、
無理しないで問題を解決しながら
コツコツと進むだけですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください