シャトーブリアンってそもそも何?

ヒレ肉の中央の肉をシャトーブリアン
ハツのシャトーブリアンと言ったり

ハツのシャトーブリアン

シャトーブリアンって人の名前じゃなかったっけ(-_-;)

19世紀初頭のフランスの
政治家フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン
が料理人に命じて作らせたことから、
このように呼ばれるようになった。
そのおいしさから、シャトーブリアンばかりを食べたという。

やっぱり(-_-;)

最高級のヒレ肉(テンダーロイン)からさらに
中心部を選んだもののみをシャトーブリアンといい、
脂肪が少なく、肉質に優れた最高級のステーキである。
牛1頭からとれるヒレ肉およそ4kgから600g程しか取れない(-_-;)

調べれば調べるほど食べたくなりますね。

野生を取り戻したい(^^♪

シャトーブリアン食べたことがないので画像が無い(T_T)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください