北方水滸伝一 曙光の章 魯智深の事

『約束しろ。どんなことでも、俺の言うことを聞くと。
約束を破ると言うのはどういうことか、いずれお前も学ぶ』

『死ぬのか?』

『いや、自分を恥じるのだ。それは、死ぬことより苦しい、
と俺は思っている。』

魯智深から鮑旭へ
心に沁みます(^_^;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください