日馬富士関と豊田議員は、足元の恐怖を忘れていた

スポンサーリンク

私の格言の一つに

『他人と過去は変えられない
変えられるのは自分と未来だけ』

みなさんも、一度は聞いた事あると思います。

政治の事、他人・知人の行動にイライラ
してしまいあれこれ言ってしまう事もありますが
この言葉を思い出してあきらめることにしています。

最近のSNSの投稿をみて
あれっ?と思うことがあるので
自分の戒めの意味も込めて書いてみました。

他人の言動・行動に対して
批評・批判的な投稿をしている方を
よく見かけます。

そして、その投稿が炎上・・・

投稿者は、批評、批判にたいして
被害者のような投稿をする人を見かけます(^_^;)

そもそも批判批評をしなければ
何もなかったのに、、、

炎上させて被害者ぶっている人って
本当に自分勝手だと思う。

たしかに言論の自由はあります。

あなたの、その投稿に対して
批判・批評する人にも言論の自由があります。

被害者ぶるよりも謝罪するしか無いのかな
と感じています。

武田鉄也が今朝の三枚おろしでこんな事を
言っていました。

暴力の下には恐怖が埋まっている事を忘れない。
武田鉄也さんらしい、難しい言い回しですね(^_^;)

例えば

日馬富士関、カッとなって手を出してしまった。
その結果、引退という結果に・・・

このハゲー!で有名になった豊田議員
落選してしまいました。

感情を爆発させると、その後には責任を取ると
いう恐怖が待っているということです。

SNSの投稿も、暴力的な発言や
個人を攻撃する発言には責任が伴うという事を
忘れているような気がします。

炎上商法でアクセスを稼いでいる人は別ですが
誰がどんな感情で読んでいるか解らないので
SNSって本当に難しいですね。

そうならないタメにも、自分の言動に気をつけ、
あの言葉、ちょっと言いすぎたかな~
こういう言い回しのほうが良かったかな~
なんていうのを手帳にメモするようにしています(^_^;)

○○○リスト手帳の作り方!

手帳に書くことがない人のための手帳の書き方・使い方【2018年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です