開脚・股割りに効くストレッチはコレだった(-_-;)

体調不良・腱鞘炎でなかなかジムでストレッチをする時間がとれず
自宅で開脚ストレッチをしたくても、踵をフローリングに付けると痛みがあるので、
なかなかストレッチができない(-_-;)

わかってはいたのですが、あるストレッチばかり行っていたら、
開脚で前面がペッタリ付くようになりました。

今までは、数十分じっくりとストレッチを行い。
反動を付けないと前面が付かない。
ストレッチのあとは、股関節が痛くてヒョコヒョコと歩いていたのですが
楽に開脚で前面がペッタリとつくようになりました。

私が行っていたストレッチは

立った状態での前屈

座った状態での前屈

を意識して行ってきました。

前屈というと、足のひざの裏が伸びて痛いという方が多いと思いますが、
この前屈ではダメ

ひざは曲がっても構わないので、お尻の筋肉が伸びるような前屈が正解です。

お尻と太ももの筋肉を伸ばしてあげると、開脚もだいぶ楽になります。

息抜きに前屈
ソファーに座って前屈
お風呂に入って前屈

ならが時間で開脚前屈ができるようになって、自分でもちょっと驚いています(-_-;)

あとは、開脚の角度を広げること、

骨盤を立てることを意識しならが、足抜きができるようコツコツと頑張っていきたいと思います。

開脚が気持ちよくなってきた(^^♪

この記事がみなさんのお役にたてれば嬉しいです。

ではでは(-_-;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください